君に気味

よくさぁ、最近の音楽を聞いてて感じるんだけど

「君に出逢えた奇跡」がどうのこうのだとか

「君を愛するために生まれてきた」んだとかなんとかって

運命がどうのこうのって歌う曲がやたらと多いじゃない?

あれって本当の『運命』じゃないような気がするんだよねー。

どんなに「君」がいないなんてありえない!って叫ぶ運命論者でも

実際にその「君」のいない人生を生きたとしたら

「君」とはまた別の「君に似た誰か」を見つけて、その誰かを愛することになると思うんだ。

でもってその運命論者は、その「君ではない誰か」に対してまでも

「キミ以外はありえない~」なんて叫んでみたりするんだ…。

そしたらやっぱり「君」がいない世界もありえたわけで

そこには必ずしも「君」がいる必要はなかったということになる。

結局、人は「君」という名の「誰でもいい誰か」にかこつけて

運命や奇跡を感じた気になりたいんじゃないかな。

きっと、そこに感じるべき本当の『奇跡』や『運命』は、「誰でもいい誰か」に出逢えたことじゃない。

そういった前提を踏まえた上で、その「誰でもいい誰か」が

目先の「あなた」だったってことなんじゃないかな。

なんて俺も運命論を並べてみる(笑)

恋にいそしむ友人たちの幸せを願って。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。