ニューヨーク滞在記⑥

Aug/26/2008 TUE 快晴

睡眠22:30→5:00

5:00起床。おはよう。まさに泥のようにぐっすりと眠りにつき、目覚ましの鳴る前に自然に目が覚める。相方が寝ているため、昨日と同じように、ホテル内のパソコンルームに自分のパソコンを持ち込んで、日記を書く。日記に簡単な記録を残すのに5:00から7:00までの2時間を費やした。やはり、印象に残ったものや食事したものの写真を、毎回しっかりデジカメで撮っておいているので、日記が書きやすい。他にも、レシートや思ったことを記録しているノートが、思い返しの役に立っている。

授業初日である今日、外国人の友達ができる最初のチャンスを逃してしまったとしたら、もう後はないであろう。日本人と一緒にいるなら日本に帰ってからでもいくらでもできるんだ。恥を捨てて外国人に話しかけよう。簡単なメモと決意をパソコンに残して7:00に部屋に戻ると、相方が既に目覚めて着替えを始めていた。1ドル札をベッドメイキング用のチップとして枕元に置いて、ぼちぼちと出発の準備を済ませて、7:45に2人で部屋を出る。

レッドラインに乗る前に、最近お馴染みのduane readeに立ち寄って、スターバックスのバニラフラペチーノの瓶2.19ドルと、クランベリー味のトロピカーナ2.79ドルを買った。これらはリュックサックの中に入れておいて、いつでも飲んで歩けるようにするためのものだ。

47

もはや慣れつつあるレジでの対応を済ませて、店の外に出た。相方は店員に嫌な顔をされたと言い参っていた。俺はそういうのはされた気がしないんだけどな。いい意味で鈍感なのかな?まぁ、日本でなんとなく細かいのも持ってた方がいいんじゃないかっていうことで、1ドル札と5ドル札をいっぱい作ってきたのが正解だったのかも知れない。100ドル札を嫌な顔と両替するなんて、まっぴらだ。商品と授業の初日だという期待をリュックサックに詰め込んで、8:00にレッドラインに乗り込んで、59St.駅からキャナルSt.駅に向かう。一抹の不安も同居しているのだろうか、少し荷物が重たく感じる。

レッドラインのキャナルSt.駅から地上に上がって、昨日と同じ角のスタンドに、朝食を求めて並ぼうと試みた。すると、そこにはにっこりとアイコンタクトをくれるおじさんの視線があった。おじさんだ!昨日エッグ&チーズ ベーコンのサンドを作ってくれた、あのおじさんだ!!おじさんのその表情は、昨日の朝に俺が買ったことを、もしかしたらまだ覚えていてくれているのかも知れなかった。

「Do you remember me?」と問いかける。するとにっこりして、「もちろん、昨日話したじゃないか。」って答えてくれた。やっぱり覚えててくれたんだ。少し嬉しい。今日は3ドルで菓子パンを2つ買った。そして支払い、受け取りとともに「See you again!」と笑いかけた。againを強調してにっこりと。するとおじさんは嬉しそうに声を上げて笑ってくれた。「Hahahaha.」。タマゴパンのようなメロンパンのような甘い甘いその菓子パンの生地は、とても爽やかだった。

ラウンジで相方とパンを食べた後で、昨日のガイダンスで言われた通りに、掲示板に自分のクラスを確認しに行った。相方もパンを買っていて、ラウンジの自動販売機で1ドルのコーヒーを買って飲んでいる。俺は同じくラウンジにある給水機で、プラスチックのコップに水を注いでそれを口に運んでたしなむ。まだ昨日の美味しくない天然水ほどではないけれど、これもしばらく放置しておくと味が悪くなってしまいそうな口当たりであった。

掲示板で確認するに、教室は14C教室で先生はジュリーと言った。教室は14階だけれど、12階からは階段を1つ上るだけで行けるようだった。そう、このビルには不吉な数字である13の階は存在しないのだ。

54.png

Today, I want to write this diary in English, because I’ve got some kind of strange feelings.

Today was the first day of the LSI study-program lessons. After Tomonori and I reached at LSI language school, we checked on the board and find out each name, and examined about which classroom we would study at, and who were going to be my classmates.

In my class, English level was pre-intermediate, and Tomonori and other Japanese friends since yesterday ware all together, elementary class, which was easier class than mine. Actually, I felt very happy because I wanted to have less and less time with Japanese students as I can at LSI shcool. However, when I looked at the board and the names of my classmates, they said to me that there were eleven students in my class, and six of them are from Japan!! I was so dizzy to know about that. Did that mean I have to speak English among so many Japanese classmates?

At the lecture, I realized some students were good at speaking English, and the others were not so much. There are also students of all age, and Julie, who is our teacher, is very kind and nice lady. For example, when we couldn’t understand what she said, she always tried to explain and show us with some easy examples.

Today’s lesson was about past simple and present perfect. I thought that the lesson wasn’t difficult for me. I felt that its grammar level was like a junior high school in Japan. But I’m not used to be   learning in English, It was very difficult to communicate with everyone in English. Especially, I couldn’t introduce myself or make understood easily. Speaking English is much more difficult than thinking some words only in my mind. I had little vocabulary, and I didn’t know what to say in each situation.

Fortunately, I could make friends in my classmates.

After school (at 13:00), I was planning to go shopping with my new Japanese friend, Moe at first. She is a Japanese girl who likes shopping, but she said that she has no friends to shop with. I was interested in what staying in New York is like. So we seemed to go together, but she said to me that she would walk around in so many shops, and that might exhaust me a lot. She appeared to be alone. So I decided not to follow her, and promised to go to the Outlet next time, when we have all-day off on Saturday, Sunday or someday.

Then two of my classmates, Kazu and Sangbum told me about taking a lunch together. And they suggested me to follow them this afternoon. I reply with big smile and go out with them.

After about 5-minuit-walk from LSI, we got into an American restaurant. Two Japanese and a Korean ate a chicken plate for lunch (12$). We talked something about teacher, classmate, hobby, and our countries. They were very helpful for me, because I’d been here for few days and I didn’t know about lives in New York.

49

After the big meal, Kazu said that he wanted to go shopping and look for some clothes. So I decided to go with, we went to many clothing shops, including UNIQLO. In New York, UNIQLO had almost the similar clothes in Japan. I think maybe they will become more popular, because UNIQLO has a lot of simple designed clothes. And all around here, I think, some kinds of simple patterned clothes are loved in America.

Kazu didn’t buy clothes but he seemed to be satisfied. After that, we went to a coffee shop (AROMA CAFE) and still keep talking with iced coffee (4.25$).

After getting out of the coffee shop, we went to a park and sat on a bench. Then, Sangbum told me that my face looks like his university professor.

Kazu is Japanese; whose real name is Kazuya Yamamoto. We always enjoyed talking in English when we spoke with. We didn’t use Japanese language at all even when Sangbum was absent. That was partly because Sangbum is Korean people and he cannot understand Japanese language. We thought if we would talk Japanese language among three, it may be very rude to a Korean guy, to a foreign people. But the most mainly reason why we spoke only in Japanese is because we both wanted to study English hardly.

Kazu told me that he is shy because of his useless right hand, but I envied him. He is very very good at speaking and listening English. Speaking with him, I realized that I must study harder and harder in order to use English fluently. Kazu graduated form Tokyo University of Science this year. And he wanted to be a math teacher.

Sangbum is a Korean guy, who wanted to make films. He knows movies in all around the world. He showed me a movie on the iPod, which he took in his house or home country.

51

Kazu and Sangbum were planning to look for Sangbum’s new house afternoon, because Sangbum wanted to move. They said to me that they would go so far away from Manhattan. So I didn’t go with them.

50

I said them goodbye, after we took some photos for today’s memory.

I really felt that it’s not the matter whether I can speak perfect English or not. The most important thing is to communicate with foreign people many times!!

On my way home, I couldn’t and wouldn’t think things in my mind in Japanese. I was seemed to be strange, because I felt myself as if I would have been a part of New York City. My brain was so full of English at that time, that I rode two wrong trains (from 16:30 to 18:00). With thinking in English, I couldn’t store some ideas in my mind for a while. So, that made me many mistakes on the subway. Be careful to my luggage, I only thought and got back home.

52

Now I can understand English as English more easily. Since today, I decide to use only English, think in English, dream in English, and speak to Japanese people in only English.

53

When I got back to the hotel YMCA, I was spoken to by a security guard person in front of the elevator. He explained that the computers in the hotel are all shot down, and we couldn’t use our old card keys any more. I felt a little doubtful toward him, but I gave him an old card and renewed one at the lobby  (at 18:30).

After I backed home, I wrote a diary in my bed (18:30~20:00).

At 20:00, Tomonori got back. So we talked about today’s each incident over homework. After taking a shower, he fell asleep (at 22:00).

22:00から1:00までは、今までの日記を読み返しつつ、訂正しつつ、集中しながらもリラックスして過ごすことができた。今日はちと疲れたかな。一日中慣れない英語に漬けられてたんですもの。仕舞いにはこの日記までさ。

今日の授業はまず、教科書とノートが配られることから始まった。教科書は中古の使い回しのものなので、終わったら回収するし、書き込みをしてはいけないと言われていた。ノートは台湾製の再生紙で作られたような代物で、色はグレーみがかっていて、シャーペンで記録をするとすぐに削れたり、ばねのつなぎ目の部分から破れたりして、日本では不良品として扱われそうな品物であった。ノートの1ページ目には、今日、座っていたメンバーの座席表と、自己紹介などで控えた個人情報を記録しておいた。

先生はジュリーという20代ぐらいの若い女性で、クラスメートはアマリア(スペイン)、ペドロ(イタリア)、マリナ(ロシア)、サラ(イタリア)、トビー(スイス)、タカヒロ(日本)、マユミ(日本)、ジャンミー(韓国)、カズヤ(日本)、モエ(日本)、ユウリ(日本)、サンボン(韓国)、そしてタクヤ(日本)といった。

トビーは歯の技工に関するアルバイトをしていて、ジャンミーはコンビニでアルバイトをしていて、喫煙者だ。そして、クラスでは俺が一番年下だった。

はじめ、教室には授業開始5分前にもかかわらず、サンボンと俺しかいなかった。俺は日本人がこの教室に俺以外に5人いることを知っていたので、教室のドアを開けて早々、彼に「日本人?」と尋ねてみた。すると、彼は「韓国人です」と日本語で返してきた。韓国人から日本語が返ってきてビックリして「Do you know Japanese?」と尋ねたところ「People or language?」と、今度は英語で聞き返された。彼は、日本語はほとんど知らないと答えた。これがニューヨークに来て同年代の外国人と初めて会話した、最初の英語となったのだった。

授業が始まってすぐに、新メンバーがいるからってことで自己紹介を一人ずつさせられたんだけど、それがめちゃめちゃ緊張したんだ。順に「名前、出身国、行ったことのある国、昨日したこと、ニューヨークの好きなところ、嫌いなところ、自国の恋しいところ」を言えと言われた。嫌いなところは、「うるさい、汚い、臭い」と答えた。恋しいところなんてもう何て言ったか覚えていない。もしかしたら答えていなかったのかも知れない。ジュリーに詳しく聞く質問で話を広げてもらったり、答えに助け舟を出してもらいながらして、何とかして答えることができた。

毎週月曜日にあるテストは、来週はないんだそうだ。英語ができなくて戸惑って死にそうになるぐらい恥ずかしいけれど、それでも一生懸命頑張ろうと思います。おやすみなさい

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。