『超ど素人がはじめる不動産投資』出版記念パーティーを開催しました!

※この記事は、2019年1月21日に開催された『超ど素人がはじめる不動産投資』の出版記念パーティーでの、講演の書き起こしです。

※文中に不適切な情報や、誤った記述などがございましたら、お手数ですが弦本( @takuyatsurumoto )までご連絡をお願いします。

 

表紙.png

(会場拍手)

はい、ありがとうございます!

 

本日は、お忙しいなかお集まりいただきまして、ありがとうございます!

ちょうど今日、こちらの『超ど素人がはじめる不動産投資』の本の発売日となります。

みなさんにお披露目のプレゼンテーションをさせていただければと思います。

50437933_1262839387174328_1326257597170319360_o

今日はだいたい200枚くらいのスライドを作っていますが(笑)、20分ぐらいでお話をしたいと思います。

今回のテーマは、主に私がこの本を出版するまでの間で、どのような葛藤や想いがあったのかについてです。

「これから出版をしたい」と思う方や、「なにか新しいことをはじめたい」と思う方にも、参考になれば嬉しいです。よろしくお願いします!
弦本の主な活動.png

まずは自己紹介です。

私は、弦本卓也(つるもとたくや)ともうします。

 

普段は会社員として、リクルートで働いていまして、新卒で入社して現在8年目です。

現在は不動産広告「スーモ(SUUMO)」のITの部署で、組織開発のお仕事をしています。

それから、副業として2社を起業しています。

細々とではありますが、9年目と5年目の会社となっています。

こちらは「一人ひとりの可能性を活かす選択肢」をモットーに、活動をしています。

 

また、本日みなさんにお越しいただいたこちらの「弦本ビル」のオーナーをしています。

このビルは、購入からまもなく4年が経つところです。

今みなさんがいらっしゃるのは2階のテナントさんが運営している「TOKYO PRODUCERS HOUSEといって、略して「プロハ」と呼んでいる場所なのですが、この5階建てのビルを所有して、オーナーとして活動をさせていただいています。

そして4つ目は、著者ということで、今回はじめてプロフィールに加えてみたのですが、これまでに書籍を2冊、自費で出版してきました。

これらは自分で書いたというよりは、スポンサーをさせていただいて、このビルで活躍するみなさんをとりあげて、本にさせていただいたというものです。

この「TOKYO PRODUCERS HOUSE」や「弦本ビル」の仲間について書いた『PRODUCERSという本を2016年に、『プロハ夢手帳という本を2018年に、それぞれ出版しました。

 

そして、なんと今回!本日が発売日ということで、3冊目の書籍を出版しました。ありがとうございます!
こちらの本に関しては、このあとじっくりご説明したいと思います。

 

今回の書籍の概要です。

書籍の概要.png

 

タイトルは『超ど素人がはじめる不動産投資』という本です。翔泳社さんという出版社さんから、いわゆる商業出版をしています。

特徴としては、フルカラーでページの半分がイラスト、もう半分のページが文章になっていて、わかりやすいことです。

文章にも黄色い線が引かれていて、初心者にとって非常に読みやすい本です。

本日は、1冊ずつお配りをさせていただきましたので、ぜひお手元の本を読んでいただいて、内容がよかったらAmazonなどでもレビューを書いていただけると嬉しいです(笑)

書籍の全体.png

 

全体の構成ですが、まずは表紙があって、次に巻頭特集というのがあります。

それから、「目次・はじめに」があり、「本章」「コラム」「おわりに」という順になっています。本章とコラムは7章に分かれています。

 

書籍の章立て.png

章立てに関しては、

・巻頭特集で「不動産投資を始めよう!」

・1章で「不動産投資で失敗しないために」

・2章で「良い物件を探すためのコツ」

・3章で「良い物件を見極めるコツ」

・4章で「物件を買う「契約」と「ローン」」

・5章で「物件の「リフォーム」と「管理」」

・6章で「物件を貸すとき、売るとき」

・7章で「不動産投資の「お金」と「仲間」」

というような構成になっています。

 

この本の章立て特徴としては、物件を買うまでの話だけでなく、その後の管理やリフォーム、貸すとき、売るとき、お金、仲間みたいな、不動産に関するあらゆることを広く取り上げている、というのが特徴となっています。

そのため、一般的な不動産投資だけでなく、資産性を考えたマイホームの購入にも役立つ1冊です。

書籍の目次.png

細かい目次の説明は割愛しますが、それぞれの章に項目があって、全部で70個の項目があります。

 

ここからは、今回の出版にいたった、そもそものきっかけについて紹介します。

そもそものきっかけ.png

そもそものきっかけは、このビルのテナントで「TOKYO PRODUCERS HOUSE」を運営してくださっている「ジョブライブ」という会社がおこなっている「無人島プロジェクトという事業があって、私は去年の夏に2回目の参加をしました。

 

プログラムとしては、30人ほどで国内の無人島に2泊3日で泊まりに行くというものなのですが、そのときに、無人島で感じたのが、自分は魚獲りもできないし、火起こしもできないし、料理もできないな、ということでした。

無人島で感じたこと.png

魚をとるのがうまい人が魚をとってきてくれて、料理ができる人がご飯を作ってくれて、それをみんなで美味しく食べる、という経験をして、あらためて感じました。

 

「自分って無力だなぁ、生きていけないなぁ」と。

「できる誰かに支えられて生きている」んだなと。

そして「みんなで助け合いながら生きている」ということに、気づいたんですね。

 

そんななかで「自分には何ができるんだろう?」というのを考えました。

 

そうしたときに、自分のやってきたことを振り返ってみると、過去に書籍を2冊、自費出版で出していたんですけれども、「もう1冊、新しい本を書いて、自分の経験を世の中に発信することができるんじゃないか」というのを思いつきました。

 

自分にある知識やノウハウを共有できるなと思ったんです。

そこでまず、とりあえず本を書いてみました。

書いてみたとりあえず.png

『ビルを購入して入居者と楽しく不動産経営をするヒント』という本です。

実は、現在はお蔵入りにしている本なのですが、Kindleで書いて出してみたんですね。

 

2週間ほどで作ったのですが、自分で話をして録音をして、クラウドソーシングのサービスで書き起こしをしてもらって、表紙のデザインも作ってもらって、実働は4日間ほどで、1冊の本を作ることができました。

 

そして、実際に自分でAmazonのKindleにデータをアップロードをして、見事、出版をすることができました。


こうして、実際に世の中に出してみてはじめて気がついたんです。

ぶつかった壁①.png

そもそもこんな本を書いても、「ニーズがないなぁ」ということに。


この本が対象にしている、「入居者を探して一緒に不動産を経営したい」と思っている人なんて、そんなにたくさんはいないですよね(笑)


それから、「知識が偏っている」ということです。

そもそも、ビルを買うっていうこと自体も、なかなか偏っていますし(笑)

 

このビルは結構、特殊なビルで、「借地権」といって土地を購入ではなく賃貸で借りていたりとか、「賃貸併用住宅」といって、住居と賃貸で貸せる部分とが両方ある物件として「住宅ローン」を借りて買っています。

 

「借地権」だと土地を買わないので総額が安くなり、また「住宅ローン」だと年数を長くして借りられるため、「月々の支払い返済額」が低くなるので、最初に必要な自己資金が少なくても買える、みたいなところがコツだったりするんです。実際このビルは7,400万円をフルローンで借りて買うことができました。


当時はそういった条件でも買えたんですが、今、これを読んだからといって、同じような物件で、同じようにローンを組んで買えるかっていうと、そうでもないのです。

 

私が借りたのは、最近とくにニュースなどでも問題になっている、とある銀行さんだったので、もうそのローン自体も取り扱っておらず、以前のようにはまったく借りれなくなってしまい、「再現性もないなぁ」という状況になってしまったんです。

そして、それでも書きたいなぁと思うとしたら、それは「ただの自己満足」なのかな、というのを感じました。


そう考えると、「これって無責任なのではないかな?」とも思いました。
「読んでもわからなければ、意味がないのでは?」と。


「読者の役に立たないと、本を書いても意味がないのでは?」と感じたんですね。

 


それであれば、世の中に出回っている、いわゆる「商業出版」と呼ばれる本は、どんな内容なんだろう?と思って、とりあえず本屋さんに行ってみました。

ここは神保町なので、このビルからも近くて、よく本を買いに行くのが「三省堂書店の神保町本店」です。さっそく書店に行ってみました。

とりあえず行ってみた.png

不動産投資のコーナーで、たくさんの不動産投資の本を研究してみました。

そこでは、いろんな本を立ち読みしました。

 

そんなときに、ふと「そういえば、商業出版の本の作り方って、どんなものなんだろう?」と思い立ち、書籍の出版についてのコーナーに行ってみました。

 

そこで『出版の教科書』という本と出合いました。

とりあえず行ってみた(出版の教科書).pngこの本を買って、とりあえず読んでみました。

そして、とりあえずそこに書かれているとおりに「出版企画書」を作ってみました。

こちらが実際の企画書です。
とりあえず書いてみた(出版企画書).png

タイトル、サブタイトル、キャッチコピー、著者プロフィール、それから目次案とかですね、類書との違いとか目次、章立てなどを作って、「出版企画書」というものを実際に書いてみました。

 

そして、せっかくできたので、とりあえずメールをしてみました。この本の筆者に、勝手に出版企画書を添付して、メールを送ってみたんです(笑)

 

「本を読んで出版企画書を作りました!」「もしよろしければご覧ください!」というふうに。勢いで(笑)

 

とりあえずメールしてみた.png
そしたら、なんとメールが返ってきました。

 

「弦本さんの企画は面白いです」「購入したビルに価値をつけるという差別化が、とても興味深いです」と。

「弦本ビルの話は素晴らしく、感動すら覚えました。懇親会で話がしたいです」とのこと。

 

普段は有料のセミナーだったのですが、特別にお誘いしていただきました。

 

「そうか!これはいける!」と確信しました(笑)

調子に乗って、とりあえずまたメールをしました。

 

出版社144社、編集者1285人、です。

こちらのリストが実際に連絡をした出版社さんの一覧になっています。

出版社のリスト.png

 

なお、実際には1社ずつに、個別に直接送ったわけではありません(笑)

それらの会社さんへの連絡を、取りまとめているサービスに連絡をしました。


それが、「企画のたまご屋さん」という会社さんです。そのとき担当してくださった森久保さんも、今日は来てくださっています。

企画のたまご屋さん.png

「企画のたまご屋さん」は、本を書きたい人の「出版企画書」の情報をもとに、編集者の方にメルマガを送って、出版社からオファーをもらうという事業をしている会社です。

最初は無料なんですが、実際に出版をしたときにはじめて印税の3割を支払う、というビジネスモデルになっています。

そこで、「ほんたまメールマガジン」で取り上げていただきました。

 

 

すると、反応がありました!

配信してすぐに「企画のたまご屋さん」から連絡がきました。

 

「本日配信した企画に、以下の出版社から連絡が来ました。以下のシリーズの1冊として刊行できればと考えているそうです」と。

そういうことで、実際に打ち合わせに行くことになりました。

お声がけをくださったのはなんと、翔泳社さんです。

 

翔泳社さんは、MarkeZine(マーケジン)などのサイトの運営でも有名ですが、技術書やマーケティング系の本が多い出版社さんです。

「いざ打ち合わせ!」ということで、とりあえず提案資料を作ってみました。

 

こちらが、実際の提案資料になります。

提案資料.png

タイトル、目次、書籍の概要があって、表紙の案もパワーポイントで何色か作って勝手にこの色がいいのではないかと想像をしてみたり、他の似ている本と比較するとこうかなぁとか、目次の構成案を書き出してみたり。

 

他の本との比較や、目次のイメージを作ってみたり、各章のページのレイアウトのアウトプットのイメージをパワーポイントで作ってみたりして、資料にしました。


そこで、ぶつかった壁がありました。

よく考えたら、「あれ?これって本当に書きたい本だったのかな?」というふうに思ったのです。

ぶつかった壁②

もともと自分が書きたかったのは、特殊な物件をおすすめして、特殊な買い方を紹介して、入居者とともに楽しくコミュニティを作る話や、仲間と一緒に成長していく、みたいなことだったんですよね。

「著者が本当に書きたい本」と「読者が読みたい本」は違うんだな、、、というのを思いしらされました。

 


そんなときに、リクルートの先輩たちからもご意見をいただきました。

ちょうど、この弦本ビルを買うときにも相談をして、面白がってくださった先輩たちです。

定期的に飲んでいるんですが、ごはんを食べる機会があったので、先輩たちにも相談してみました。

 

「本を書こうと思うんですよね。それで、こういう本を今、提案されているんです」と。

そしたら、「それで、何がしたいの?書いてどうしたいの?なんでやるの?」と言われました。

 

リクルートの先輩たち.png

リクルートって結構、「お前は何がしたいの?」って言われる会社として有名なんですが、まさしくそれで(笑)

「あ、プライベートで本を書くことについても、そこまで言われるんだな」というふうに感じました。

 

でも、たしかによく考えてみたら、「本当に自分が書く必要があるの?」「本当は誰が書いてもいい本なのでは?」「なんのために本が書きたいんだろう?」という問いに、答えられる自信がありませんでした。

 

自分よりも数多くの不動産投資を経験されている人も多いですし、自分よりもはるかに詳しい方も、多いと思いました。そんななかで、なぜ自分が書くのだろうと思いました。


とはいうものの、とりあえずせっかくいただいた機会ですので、とりあえず本屋さんに行ってみることにしました。悩んだときに、いつも行くのは本屋さんです。

 

もちろん、いつも行っている「三省堂書店の神保町本店」です(笑)

スライドも再掲です。

とりあえず行ってみた

とりあえず不動産投資の本として、関連する本を買って、実際に読んでみました。

全部で50冊ほど読みました。

 

 

読んで思ったことですが、まずは、めちゃめちゃ勉強になりました(笑)

不動産投資について、めちゃくちゃ詳しくなりました。

今回、本を書くにあたっても、たくさんの本の内容を参考にさせていただきました。


そして、一方で、感じた問題もありました。

50冊読んで感じた問題は、大きく6つでした。

 

6つの課題

まずは、「なんだかんだでやっぱり難しい」ということです。

タイトルに「教科書」であったり、「はじめての」であったり、「よくわかる」、「一年生」などといった名前の本もあるんですが、なんだかんだで、やっぱり難しい本が多いです。

目次からいきなり専門用語が入っていたりしていて、内容も難しいなと思いました。



それから2つ目が、「投資手法が偏っている」ということです。

こちらは、本によって「中古のワンルームを買いましょう」という本もあれば、「新築を一棟買いましょう」という本もあったり、「中古の戸建てを地方で買ってDIYをしよう」みたいなものもあるなど、本によって、色々な投資手法が書かれているのです。

どの投資方法も正しいのかな、とも思うのですが、正直「どれが正解だかはわからないな」と思いました。

投資の方法が偏っていると、知識も偏ってしまい、誤っていることや思い込んでいることも、出てきてしまうかもしれません。


それから、「当時はできたけれども、今はできない」というものもあります。

たとえば、今は探しても見つからないようないい条件の物件でも、まるであるかのように書かれていたりしています。現実ではありえなかったりするのです。


あと、こちらも結構多かったんですが、4つ目は「物件を買うまでがゴール」というものです。

買うことまではきちんと説明しているんですが、買った後のリフォームだったり、管理だったり、売ったり貸したりみたいなところは、ほとんど書かれていない本が、意外と結構ありました。


さらには「宣伝・誇張・自己満足」で、セミナーの宣伝、自分の不動産会社の宣伝、自分の投資がいかに稼げたか、自分の投資がいかに素晴らしいか、みたいなところが書かれている本もありました。

 

最後が「続きはセミナーで」というものです。

大事なことはあまり説明せずに、無料相談会に来てくださいとか、動画を見てくださいとか、メールを登録してウェブページを見てください、みたいな本も、意外とありました。

 

もちろん、すべての本がそうというわけではなく、素晴らしい本もたくさんありました。

また、本の位置付けをどうとらえるかも人それぞれですので、それはそれで悪いというわけではないと思います。

 

問題は、こういった不動産投資の本を見ても、不動産投資をこれからはじめたいと思った読者にとっては、それを見分ける力が足りないことだと思います。

 

「これって本当に読者が読みたい情報なのかな?」と思いました。

実際にAmazonのレビューも見てみたのですが、困っているという意見もありました。

 

期待していた内容と中身が異なることも、たしかにあるんだと思います。

ふと、「あれ?そういえば、かつての自分もそうだったのでは?」と思い返しました。

ぶつかった壁①

自分が書こうとしていた本に対しても、「ニーズがない?」「知識が偏っている?」「再現性がない?」「ただの自己満足?」と感じていたのです。

なんでこうなっちゃうんだろう・・・と思いました。

問題が発生してしまう背景.png

問題が発生してしまう背景、つまり原因は、大きく3つあるのかなと思います。

1つ目は「本を出版することがゴールになっている」
2つ目が「本を買ってもらうことがゴールになっている」
3つ目が「本業への集客がゴールになっている」

というものです。



「本を出版することがゴール」は、出版して名前が売れたらいいや、自分の話を形にできたらいいやというもので、それ自体がゴールになっているというものです。

中身のことや読者のことをあまり考えていない場合も、あるのかもしれないです。


2つ目の「本を買ってもらうことがゴール」というのは、書籍のタイトルでハードルを低く見せたり、全部が分かるかのように見せたりしているものなどです。

本を読んで実践してもらうことよりも、目の前で手にとってもらうこと、買ってもらうことがゴールになっているのかもしれないです。

それから「本業への集客がゴール」というのもあります。

それが悪いというわけではないのですが、不動産会社の人などが書いている場合に、たまに感じるのは、本を出版していること自体がステータスになったり、それによって信用してもらえたり、それによって自社の集客につなげられたりするというのが、出版の目的になることがあるようです。

不動産は単価が高い買い物なので、たとえ自費で出版したとしても、それが集客につながって、何件かの契約ができれば、その分の投資を回収できるということもあります。「有料パンフレット」みたいな位置づけで、本を出すケースもあるそうです。



それでも、内容がよければいいのですが、そうでない場合には、読者のためにならないこともあるでしょう。

 

「誰のための本なんだろう?」「本当に解決すべき課題は何だろう?」「読者の役に立つのだろうか?」と思いました。

そのとき、読者のことを想像してみて、自分で不動産を実際に、売ったり買ったりしたときに感じた「不安」を思い出しました。

弦本の売買経験

私は過去に、戸建てを買ったり売ったり、ビルを買ったりといった売買の経験をしてきたのですが、そのときに、たくさんの「不安」を感じていました。

弦本が感じた不安.png

社会人2年目のときに、はじめて戸建てを買ったのですが

 

・本当にこの選択でよかったのかな?

・騙されたらどうしよう

・火事や地震や災害が来たらどうしよう

・契約書にハンコを押す手が震える・・・

 

など、たくさんの不安を感じました。不動産は人生で一番大きな買い物だったので、相当に悩みました。

 

とくに、ローンの返済表を銀行から渡されて、ローンを組んで返済をしていって、50歳になってもまだローンが1,000万円も残っていると知ったときには、働きながらずっと借金を返していくのか・・・と、とても不安になりました。しかも、その意思決定を、24歳でしてしまってもいいのかと。


私の場合は、物件を売ったり買ったりする経験は、リクルートのスーモ(SUUMO)での仕事に活かすために役に立つ、という想いで、それらの不安を乗り越えることができました。

人生を棒に振ってもいいから、失敗して借金を背負ってもいいから、仕事でいい企画を作るために、とにかく経験をしたいと思ったのです。

 

でも、普通の人は、もっとこの不安を乗り超えるのが大変だと思います。

 

不動産の売買は、人生でそう何度も経験することでありません。そのため、不動産に関する知識は身につきづらく、自分で考えたり調べたりせずに、言われたことを鵜呑みにしてしまっていて、失敗する場合も多いと思います。

不動産投資にはじめて興味をもつ読者の目線に立ち戻ってあらためて、「やはり、読者の役に立ちたいな」と思い返しました。

 

「不動産投資で失敗する人を減らしたい」

 

さきほど6つの問題をあげましたが、読者の役に立つためには、そのそれぞれを解消することが必要だと思いました。

課題6つ.pngさきほど「なんだかんだやっぱり難しい」という問題がありましたが、「やさしい解説や図解」を載せる必要があります。

さきほど「投資手法が偏っている」と言いましたが、そういう人たちには「幅広い投資の知識を紹介する」ことが必要です。

「当時はできたけれども今はできない」ではなくて、「再現性の高い情報を提供」する。

「物件を買うまでがゴール」ではなくて、「物件を買ったあと」も、リフォームや管理、その後の賃貸や売却までをきちんと説明する。

「宣伝、誇張、自己満足」ではなくて、「徹底的な読者目線」に立つ。

「続きはセミナーで」、ではなく「1冊で基礎をきちんと完結」させる。

 

もちろん、私の本がこれらをすべて満たしているというわけではないと思います。

しかし、できるかぎり、これらのことを意識して、原稿を書きました。

解決策6つ.png

これが本当に「読者の役に立つ本」なのではないか、というふうにさえ思いました。

 

思い返すと、リクルートの先輩たちに「何がしたいの?書いてどうしたいの?なんでやるの?」とも言われたんですが、ここで答えを出すことができました。

リクルートの先輩たち

「この本は弦本にしか書けないのでは?」と(笑)

 

胸を張って言えるような気さえしました。

弦本にしか書けない理由.pngなぜかというと、まず1つ目が、立場です。

弦本は「仕事が不動産の業者さんではなく、不動産広告のプラットフォームを扱う立場」、つまり第三者的な立場だということです。

買う人の立場も、売る人の立場も、どちらの立場もわかること、そのうえで、変に煽ったりする必要のない立場で、不動産業界のこともふまえて、読者に必要な情報をお届けできる立場であるということ。


2つ目が「個人的に不動産の売買で苦労した経験がある」ということ。

不動産は人生でそう何度も経験するものでもありませんが、さきほどのように、自分で不安や葛藤をたくさん感じました。自分自身も「超ど素人」からはじめたので、当時の自分が知っておきたかった知識や想いが、たくさんありました。


3つ目は、「正しい知識をつけて、不動産投資に成功してほしいという想いがある」というところです。

自分の知識や経験をもとに、1冊の本にして、だれかが不動産に興味をもったときに、きっかけを提供して、新しいことをはじめる応援ができればと思いました。


最初に出版社さんにいただいたのは、「4月発売予定」という提案でした。

しかし、4月よりも投資をはじめるのに適した時期として、1月がいいのではないかな、と思い、出版の時期についても相談しました。

その結果、4月ではなく1月の発売予定にしていただくことができました。

前倒しの条件

ただし、製作のコストが割高になってしまうので、その分、協賛金を支払うことと、自腹でいくらか購入する、締め切りを前倒しする、という条件になりました。

 

そのとき「それでは11月中に納品してください」と言われました。

この時点で、すでに10月でした(笑)



猶予は1か月!

猶予は1ヵ月.png

やばい!

あらためて、もう一度振り返ってみました。そう、弦本は平日も日中から仕事をしているんですよね(笑)

弦本の主な活動

急に執筆の予定が入っても、執筆にかける時間までは、事前に十分に確保できていませんでした。


ということで、怒涛の1か月間がはじまりました。

 

こちらがそのときの写真です。

怒涛の1ヵ月間①.png怒涛の1ヵ月間②.png怒涛の1ヵ月間③.png怒涛の1ヵ月間⑤.png

怒涛の1ヵ月間⑥.png

 

弦本ビルの「プロハ」に泊まりこむように本を書いたり、ラーメンを食べながら目次を書いたり、喫茶店で原稿をチェックしたり、漫画喫茶や「ラクーア」という近くの温泉に一日中こもって原稿を書いたり。

いろいろなところで、時間さえあれば本を書いていました。何度も頭を切り替えました。

ホワイトボードもたくさん使って、情報を整理しました。


ここで、簡単にではありますが、時間を確保するためのナレッジを紹介させていただきます。

まずは「タイムマネジメントスキルの大活用」です。

タイムマネジメントスキル.png

一般的なタイムマネジメントスキルで、とくに今日いらっしゃっているみなさんには、釈迦に説法という感じがするのですが、「すぐに着手する」「アウトプットを意識する」「タスクリストを作って優先順位をつける」「時間を測定して、かかる時間を見立てる」などをしました。

提案の時点から、パワーポイントでアウトプットのイメージを作って、まわりのみなさんにも本の形でレビューをしてもらって原稿を書きすすめたり、1つのページに20分ほどがかかる作業があったのですが、かかった時間から残りの必要な時間を計算して、時間を確保したりしました。

 

他にも、筆が進まないときは、「とにかく眠る」と「サウナに入る」などして、筆が進むときになるべく書き進められるように意識しました。

はい、「ラクーア」で本を書いていました。神保町からもすぐ近くにあります(笑)

 


また、時間を節約するためのテクノロジーも活用しました。

今日、来てくださっているみなさんも、お忙しい方が多いと思うので、もしかしたら役に立つかもしれないです。様々なサービスを活用しました。

 

「クラウドワークス」は、アウトソーシングのできるサービスですが、他の本の目次を書き出してもらったり、要約を書いてもらったりしました。それをもとにして、自分の本の骨子を作る参考にさせてもらったりしました。

 

あとは、「Uber Eats」ですね。マクドナルド神保町店は、ここから歩いてすぐなので、「自分で買いに行けよ」って話なのですが、着替えて外に出て、行って待って買って帰るのをあわせたら20分ぐらいかかるので、配達料を払ってでも持ってきてもらう、という感じでした。

20分あれば1ページ分ぐらいの文字が書けたりするので、出かけるぐらいなら文章を書いているという感じです。

休日はとくに、外に出る回数が減ったので、日によっては着替えやお風呂の時間も惜しみました(笑)まるで受験生みたいです。

 

それから、「しろふわ便」ですね、こちらは洗濯ですら、時間がもったいないのでアウトソーシングしてやってもらおう、というものです。

 

シェアサイクルの「ちよくる」も非常に便利でした。

今日は千代田区の関係者の方もいらっしゃっていますが、千代田区のこのあたりには、駐輪場がたくさんあるので、近い距離の移動でも歩く時間がもったいないということで、「ちよくる」を活用しました。

 

しまいには、「ホテル予約のサービス」も使いました。

追いこまれて、ついに会社と家を往復する時間ですらも惜しむようになりました(笑)

忙しいときには結構、会社のすぐ近くのホテルに、文字どおり「住んで」いました。

 

こうやって、時間を節約しまくって、時間を作りまくって、執筆をがんばりました。


こうして無事に校了となり、メールをいただきました。

校了メール.png

翔泳社の編集者さんから、ご連絡をいただきました。

「とりあえずこれで校了します。ありがとうございました」と。

 

私からは「もう後悔はありません!これからたくさん売れるように頑張ります!!」と返してます。

 

終わった・・・

ということで、無事に校了しました。

 

この本に込めた想いについてです。

まずは、不動産に興味をもった人が、不動産投資でうまくいく、というのはもちろんです。

不動産に興味がある.png

一般的には、マイホームの購入を考えている人のほうが多いと思いますが、資産性についても考えたうえでマイホームを購入してほしいと思いますので、そういった方にも、ぜひ読んでいただきたいと思います。

 

でも、それだけではなく、これまで不動産以外のことに興味がある人が、この本をきっかけに不動産にも興味をもってくださって、 「不動産以外の興味のあること」掛ける「不動産」で、新しい場所や拠点、コミュニティが、この世の中にたくさん増えればいいなと思っています。

不動産以外に興味がある.png

みなさんがいらっしゃる、このビルのようにですね(笑)


それから、私はこれまで不動産業界でたくさん育てられて、お世話になってきていますので、より読者の役に立つ本を広めて、不動産業界を盛りあげていって、これまで育ててもらった業界や関係者のみなさんにも、恩返しをしていければな、とも思っています。

業界に恩返ししたい.png

 

最後になのですが、こんなに1ヵ月をがんばれたのも、やはり、まわりのみなさんに支えていただいたおかげでした。

 

たくさんのレビューをいただいたり、PRの相談に乗っていただいたりしました。今日来てくださったなかにも、たくさんの方がいらっしゃいますね。

こういった方々に、アドバイスや修正をしていただきました。

感謝①.png

 

感謝②.png

感謝⑦感謝④.png

感謝⑤.png

たくさんの本を書いている方々には「その後のお話」もしていただきました。

感謝⑥.png

 

出版をした後は、とくに店頭に並んでからの2週間をがんばるといいそうです。まさに今からが、勝負というところです。


また、SNSでもたくさんの応援をしていただきました。色々な方に、シェアもしていただきました。

感謝⑧.png

まだまだ他にも、たくさんの方にお世話になりました。みなさま、本当にありがとうございました。

おかげさまで、がんばれました。


そしてなりより、翔泳社の編集者さん、本当にありがとうございました。

本当にたくさんの無茶を、全部取りこんで、聞いてくださいました。

 

たぶん、「もう二度と一緒に仕事したくない」って言われちゃうと思うんですけど(笑)

進めていったものをまたゼロからやりなおしてしまったり、一度はOKを出したのに途中で急に修正をしまくってしまったり、スケジュールを前倒しをする無茶なども、本当に、たくさんの無理難題を聞いていただきました。

 

この場を借りてお礼をもうしあげます。本当にありがとうございました。


ということで、無人島で感じた、魚獲りもできない、火起こしもできない、料理もできないと思っていたこんな私でも、無事に本を出すことができました。

 

これまで学んできた不動産に関する知識を、1冊の本に詰め込んで、世の中に出すことができました。

 

そして2019年1月18日です。発売の予定日から2日も早いのですが、気になって仕方がなかったので、いつもの「三省堂書店の神保町本店」に行ってみることにしました。

 

そこでは、なんとその日から実際に本が置かれていました。

三省堂書店神保町本店(出版語).png

 

三省堂書店の神保町本店さんには、毎週のように通って、毎回10冊ぐらいずつ、不動産投資の本を買っていました。

 

もしかしたら「なぜか急に、不動産投資の本がめちゃめちゃ売れる!」となって、私の本もたくさん用意して、期待して表紙を前にして、アピールして置いてくださったのかもしれません(笑)

もう、私は不動産投資の本は十分に買ってしまって、自分の本はすでに持っているので、しばらくは買わないかもしれないのですが・・・(汗)

 

三省堂書店の神保町本店さんにも、この場を借りてお礼をもうしあげます。困ったときや悩んだときに、たくさんの学びをいただきました。

 

もしみなさんも、もう1冊読みたくなったり、誰かにプレゼントしたくなったりしたら、ぜひお買い求めいただければと思います(笑)

 

以上が、出版までの想いや葛藤についての紹介でした。

ここからは少しだけ質疑応答のお時間をとりたいと思いますので、もしあればお答えしたいと思います。

ちなみに、よくある質問がこのイラストについてですね。

よくある質問.png

このイラスト、「弦本がモデルですか?」と聞かれるんですが、すでに他のシリーズ作から使われていたイラストで、実際には弦本がモデルではありません(笑)

 

以上が本日の発表となります。ご清聴、ありがとうございました。

今日のお話が、これから出版をしてみたい方や、なにか新しいことをはじめたい方への、ヒントになると嬉しいです。

 

最後に、この会場の「TOKYO PRODUCERS HOUSE」を貸してくださって、「無人島プロジェクト」も主催している梶 海斗さんと、会場の準備をお手伝いしてくださった日比 大輔さん、素敵な機材で、動画や写真を撮影をしてくださった早野 龍輝さん。

 

北海道の美味しい料理を取り寄せてふるまってくださった伊藤 健人さん、美味しい日本酒を取り揃えてくださった久保田 薫さんにも、この場を借りてお礼をもうしあげます。

料理と日本酒.png

 

参加者のみなさんも、本当にありがとうございました!

 

みなさんも、もしよろしければ『超ど素人がはじめる不動産投資 』を、今後ともよろしくお願いいたします!

IMG_6746

IMG_6727

IMG_6743

IMG_6744

IMG_6714

IMG_6716

IMG_6707

IMG_6706

IMG_6753

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。