金融メディア「fuelle」に取り上げていただきました!①

fuelle1

引用: https://fuelle.jp/invest/detail/id=4194

不動産投資は本当にコワい?家賃だけではない収入にも注目

不動産投資って難しいの?

不動産投資は魅力的な投資!

不動産投資は、家賃としてある程度のまとまった収入が長期間、安定して入ることから、魅力的な投資といわれています。

不動産の家賃の相場は、株式や為替のような市場の乱高下がほとんどないため、安定して収入を得ることができます。

そのため、購入するときに必要なお金も、大部分は銀行などから借りることができます。

時間の面でも、不動産投資では常に相場を気にする必要はありません。

購入後の物件や入居者の管理は、管理会社に任せられるのです。

こういった点から、不動産投資は「不労所得」ともいわれます。

不動産投資はリスクが高い?

もちろん、不動産投資は他の投資と同様にリスクがあります。

特に不動産は金額が高いことから、慎重にリスクを見極めなければなりません。

不動産投資で失敗をしないためには、物件を探すときや、現地で見学するときなどに、ひとつずつじっくり取り組めば、リスクは十分に防げます。

正しい知識を身につけよう

不動産投資の失敗の多くは、相場やリスクを自分でよく調べずに、条件の悪い物件を買ってしまうことが原因です。

自分で考えて決められるようになるために、まずは正しい知識を身につけましょう。

不動産投資の魅力は、自分の努力次第で利益を上げられることです。

自分に合った方法を見つけて、不動産投資を成功させましょう。

不動産投資のもうひとつの収入

不動産の収入は家賃だけではない

不動産投資の収入といえば、月々の家賃が想像しやすいでしょう。

しかし、不動産を売ったときの収入も忘れられません。

家賃収入は、物件を貸すときに得られるものですが、物件自体は手元に残ります。

そのため、売るときにも収入を得ることができるのです。

不動産の価格が上がることも

また、土地は不動産の中でも劣化がしにくいことから、時間が経っても価値を保ち続ける資産です。

そのような中で、近年の傾向として「土地」の価格は、都心を中心にじわじわと上がってきています。

国土交通省のデータでは、東京23区の土地の坪単価は、2013年を底値に、上昇を続けています。

収支は全体で見ることが大切

「建物」に関しては、実体のある資産であるため、時間の経過とともに価値が下がります。

新築物件の場合、売り出されたときに、不動産会社の広告料や利益が価格に上乗せされているため、買った瞬間にその分の価値が下がるといわれています。

しかし、建物自体の価値は、初めの15年間は毎年2%、その後は毎年3%のペースで価値が下がるとも試算されています。

土地に関しても、過去の不動産バブルのように、急激な価格の低下が起こる可能性も否定できません。

そのため、不動産投資の収支では、物件の値上がりをいたずらに期待するのではなく、毎月の家賃の収入とあわせて、全体の収支を計算することが重要です。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。