※掲載情報は個人の見解によるものであり、正確性を保証するものではございません。

※投資はあくまで自己責任にてお願いいたします。

 

最近は連日、ビットコインが高騰しており何かと話題になっています。

1万ドルを超えて、100万円を超えて、現在は110万円強を推移しています(2017/11/29時点)

 

個人的にも仮想通貨を研究しているのですが、仮想通貨には様々な種類や、様々な取引所が存在しており、なにがなんだか…と選択をするのにわかりづらい状況となっています。

 

そこで、個人的にはやはり、投資は価値を生み出すものに対しておこないたいため、できるかぎりそのような軸で、仮想通貨や取引所を選択できればと思い、参考までに紹介をしたいと思います。

 

個人的に最近チャレンジしていて、注目している仮想通貨は「リップルコイン(XRP)」で、取引所はコインチェック(coincheck)を利用しています。

 

仮想通貨の「価値」は、これまでの通貨をインターネットに載せることによる、通貨の「代替」にあると思いますが、リップルコインでは、他のビットコインやオルトコインと比較して、下記のような優れた点があると思っています。

 

①決済スピードが速いこと(約5秒程度)※カード決済と同等のスピード

②銀行や国家間の送金ネットワークになりうる提携を多数おこなっている

└世界100以上の主要銀行と提携、中央銀行との提携、など

③その結果、第三者的にも信頼のある仮想通貨となっています。

   └Googleも出資、アメリカの国税局では非課税、UFJやSBIの技術連携など
また、採掘をおこなう代わりに、がんの研究をおこなっているというのも、社会的な意義を感じる側面があります。
購入のタイミングに際しても、個人的には、11/29現在はちょうどいい参入タイミングなのではないかと思っています。
理由としては、以下の2点です。
①ビットコインが過去最高値を更新している
・一般的に、ビットコインが高騰すると、リップルコインを含むオルトコインは下落する傾向にあり、安く購入するチャンスがあるといえる
②リップルコインのチャートは、過去最高値よりも低い
・現時点では、まだ過去の最高値を超えておらず、ビットコインほど値上がりが仕切っていないと考えられる

また、一方で、仮想通貨の取引所についてはいかがでしょうか。

個人的には、仮想通貨の取引所については、コインチェック(coincheck)がおすすめです。

 

国内では、コインチェック(coincheck)ビットフライヤー(bitFlyer)が二大巨頭となっていますが、コインチェックは、以下の理由で個人的に評価をしています。

 

①不正ログインによる紛失や盗難の際の、補償がされている(日本円でも、仮想通貨としてであっても対象)※ただし100万円相当まで

一方で、ビットフライヤーは上限なく補償をするが、日本円の場合のみが対象であり、仮想通貨で保有する場合には、コインチェックのほうがよさそう

 

②ビットコインを普及するために、ビットコインで支払いができるように他のサービスとの連携を広げている

 

③仮想通貨として取り扱う通貨の種類が多く、ハードフォーク(新しい通貨の誕生)の際にも、他の取引所よりも早く対象通貨となるケースが多い

 

【参考】

・コインチェック

https://coincheck.com/

・ビットフライヤー

https://bitflyer.jp

 

※掲載情報は個人の見解によるものであり、正確性を保証するものではございません。

※投資はあくまで自己責任にてお願いいたします。

※この記事は、SEO効果とアフィリエイトの検証を目的に作成したものです。

広告
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。