【やりたいことを見つけて実現する方法】サマリー

・人生は、自分のやりたいことを見つけて実現するためにある

・そのため、それぞれが自身のやりたいことを見つけて、実現することが大事

→やりたいことを見つけて実現するために、本著や弦本ビル(プロハ)がきっかけになれたら幸いです

 

■人生は、自分のやりたいことを見つけて実現するためにある

・人生は自分と他人のためにある

人類は人類のために発展してきた。人類の目的は人類の発展のため

おそらく「死」という「時間」を制限する仕組みに気づいたためではないか

そこで、自分のためだけでなく他人のためにも生きるようになった

そのため、人類や自然のために生きるようになった

たしかに、先人たちは後生のために生きてきたし、現生も後生のために生きている

→まずは、先人や現生に感謝する。次に、自分も人類の一部になって、現生や後世に還元したいと思う

 

■自分のやりたいことを見つける

・まずは、自分が求めているものが何かを知る

自分が求めていることはわかりづらいので、他人の例から考える

他人が求めているもの(求めていたもの)が何かを知る

・世の中にはどのような「価値」(=求めるもの)があるのか

「価値」の見つけ方

└探す…インターネット、テレビ、読書(本屋さんの全フロアを回るのがおススメ)、百科事典、伝記

└聞く…インタビュー

他人の歴史をもとに、モチベーショングラフを書いてみる

・「価値」は、お金だけではない

身体に宿るもの…時間、健康、体力

頭脳に宿るもの…実績、知識、スキル、経験

結果に宿るもの…実績、

関係性に宿るもの…信頼、人脈

モノに宿るもの…製品、サービス

仕組みに宿るもの…事業、権利

・自分がどんな「価値」を求めてきたのかを知る

人生のモチベーショングラフを書く

モチベーションの上がるポイント、下がるポイントを振り返る

モチベーションの上がる(ワクワクする)ポイントの共通点を見つける

原体験となった出来事やイベントを見つける

他人からの見られ方を確認する

・自分がどんな人間になりたいのかを考える

人生は可能性ばかり

しかし一方で人生に与えられた「時間」は有限なので、すべては得られない

自分のほしい「価値」と、それをどの程度ほしいのかの優先順位をつける

 

 

■自分のやりたいことを実現する

・やりたいことを実現していくことは、自分の「価値」をもとにして、自分の「価値」を増やしていく行為

付加価値をつけるためには、他人との関わりが欠かせない

自分でつくる「価値」と、他人に助けてもらう「価値」とを切り分ける

自分でできないこと(弱み、苦手なこと)を見つける

自分のやりたいことを、他人と一緒に実現する

他人と役割分担をし、助け合うという意識をする

・誰かのためになるというのは、他人の「価値」に付加価値をつけていく行為

└自分の「時間」を他人の価値に交換する=いわゆる「働く」

└自分の「お金」を、他の価値に交換する=いわゆる「買う」

└自分の「時間」と「お金」以外を、他の価値に交換する=いわゆる「投資」

他人を信じて任せる

他人と一緒に実現する(仲間、同志)

他人のやりたいことを実現する

川下り型のキャリアというものもある

自分が他人に提供できる「価値」を見つける

他人(仲間、同志)の立場になって考える

・自分の「価値」を手入れする

└自分の「時間」…キャリア(就職、企業、転職、副業)

└自分の「お金」…収入、支出、資産、負債

└自分の「時間」と「お金」以外…投資(どの「価値」を提供して、どの「価値」を手に入れるか)

 

■弦本ビル(プロハ)に来よう

・弦本ビル(プロハ)はやりたいことを見つけて実現できる場所

広告
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。